日刊アメーバニュース

浜崎あゆみ、「a-nation 10th」東京公演のライブについてコメント

2011年08月29日 11時45分
提供:モデルプレス

アーティストの浜崎あゆみが27日・28日、味の素スタジアム(東京都調布市)にて開催されたエイベックス主催の音楽フェスティバル「a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウイダーinゼリー」に登場した。

【写真】浜崎あゆみ、「a-nation」でのライブの様子

10周年公演となる今年の「a-nation」、大トリをつとめたのは韓国出身アーティスト・東方神起。2003年以降、登場した公演全てで大トリを飾ってきた浜崎あゆみがついにその座を譲る形となった。

ゴールド×ブラックのスパンコールワンショルダートップス&ミニスカで登場した浜崎あゆみが「Last angel」を力強く歌い上げると、会場のボルテージは最高潮に。その後はAAA(トリプル・エー)浦田直也をゲストボーカルに迎え、「Dream ON」「ANother song」を熱唱した。

続くJYJジュンスの双子の兄・JUNO(ジュノ)とのコラボナンバー「Why... feat.JUNO」も、この日は浦田直也がフィーチャリングボーカルをつとめた。「Greatful Days~BLUE BIRD~glitter」のメドレーでは浜崎あゆみがピンクのミニ浴衣に身を包み、フロートに乗って会場内を一周。大きく手を振り、会場の隅々まで笑顔を届けた。

今年の「a-nation」は被災地での無料パブリックビューイングも実施。浜崎あゆみは「この瞬間をみんなと分かち合えたことをうれしく思います。東北地方の皆さんに、a-nation'11のステージから、avexアーティスト一同、たくさんの愛と夢と希望を送らせて頂きました!ありがとうございました!!」とメッセージを送った。

◆「信念を貫いた結果」

ライブを終えた浜崎あゆみは、自身のオフィシャルTwitterにて「今日は、くぅ(倖田來未)もTRFさんも、本当にまぶしくて凛々しくて、涙が出た。私達アーティストはいかなる状況も分かち合いながら、同じ痛みを知って同じ優しさを持ち寄って、強さに変えていくのだ!!!」とコメント。

さらに「必要なのは ”どう見られるか”ではなく”どう在りたいか”その信念を貫かせて頂だいた結果が今日の全てです」と語っている。(モデルプレス)



■浜崎あゆみセットリスト
1. Last angel
2. Dream ON(with/Naoya)
3. ANother song(with/Naoya)
4. Why…(with/Naoya)
5. Greatful Days pre~Greatful Days~BLUE BIRD~glitter
6. Sunrise~LOVE is ALL~ →WOW WAR TONIGHT(with/Naoya)
7. July 1st.(with/Naoya)

【関連記事】
浜崎あゆみ、左手薬指にダイヤの指輪!笑顔で舞台挨拶に登場
浜崎あゆみ、3Dデジタルシネマコンサートプレミアム上映会で舞台挨拶開催 

この記事のコメント

112件を表示 / 12件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1浜崎あゆみ、17年200回の歴史に幕写真29 3月22日00時00分
  2. 2DAIGO、内田理央を理想のデートでエスコート&キス「KCKが凄かった」写真17 3月24日15時56分
  3. 3Mステ3時間SPの曲目を発表90年代の楽曲を多数披露<31日/15組>写真12 3月24日23時01分
  4. 4嵐ガチファンの山田孝之、潤からのメールに苦言写真4 3月24日22時36分
  5. 5契約解除の山本裕典、後輩・岡本夏美が真相明かす 事務所社長から説明写真4 3月26日12時51分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る