日刊アメーバニュース

東日本大震災の影響で延期・中止が続出、映画業界はどうなる?

2011年03月28日 10時00分
提供:クランクイン!


エイリアンと人間との戦いを描いた「世界侵略:ロサンゼルス決戦」


J・キャメロン製作総指揮「サンクタム」も公開延期に (C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

東日本大震災の影響で、ディザスタームービーやアクション映画を中心に、新作映画の公開中止や延期が相次いでいる。主な延期作品は、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「カウントダウンZERO」「サンクタム」「4デイズ」「唐山大地震―想い続けた32年―」「ジャッカス3D」などで、中止が決定した作品には、「ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦」「かぞくはじめました」と、さらに公開中止・延期の作品が増える可能性もある。

【関連写真】スターウォーズファンが被災地支援のポスター制作 売り上げは寄付

さらに、節電のために、シネコンの営業を休止、ナイトやレイトショーも中止と、映画を取り巻く環境は厳しくなっている。

今後、映画業界はどうなってしまうのだろうか。現時点で起こっていることも含め、関係者に話を聞いた。

「現時点に関しては、まず、試写会や記者会見、イベントなど、すべてが飛んでしまいました。そもそも、エンターテイメントのニュースの発信を自粛されているので、何も動けない状況なんです。でも、週末の映画館は混雑している。外に出てはしゃぐ気にはならないけど、リフレッシュしたい。そういう方々が映画館へ足を運んでいるのではないでしょうか。しかし、劇場サイドも、計画停電でお客さんたちをどう案内していいか困っており、映画会社としても、いつから通常に戻していいのか、まだわからないのが現状です」。 現状は厳しいが、業界の未来についてはこう話す。

「映画ファンは作品を待ってくれているはずです。東北地方の方々も、今は映画どころではないでしょうが、生活が落ち着いてくれば娯楽も欲しくなると思います。そんなとき、東北地方に映画館を建てられるよう、配給会社の枠組を超えて、“東北に映画館を取り戻そう募金”といったものができればなぁと。こういったことから、映画業界は一時的に収入が落ちるでしょうが、未来は暗くないと考えています」。

しかし、こんな意見も。

「これまででさえ、小さい映画会社は倒産が相次いでいたのに、こうなってしまったら、力のないところから倒産していくはずです。とうのも、延期となった大作は、現時点では行き場を失ってはいるだけですが、本当に飛ばされるのは、ズレた大作のためにスクリーンを開けなくてはいかない小粒な映画。小さいところはシャレにならない状況だと思いますよ」。

また、DVDメーカーの方に聞いたところ、「物流の邪魔になるため、新作の発売を延期しています。そのぶんの穴埋めをどこでするか…まだ何も決まってないんですよ」とのこと。

日常生活において、映画はなくても大丈夫なものかもしれない。だが、映画から勇気や元気をもらえることも、また事実である。映画をたくさん観ることで消費に貢献し、それを復興の足がかりとする。そんな目的を持った映画鑑賞もアリではないだろうか。

■関連リンク
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」作品情報
「サンクタム」作品情報

■関連記事
中田秀夫に追いつけ追い越せ、海外で通用する日本人監督は?
J・キャメロン製作総指揮の最新3D映画「サンクタム」も公開延期へ
震災に配慮し「カウントダウンZERO」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」も公開延期へ
映画「唐山大地震」公開延期へ 試写会やイベントなども全面延期に
エイリアン侵略系映画、ベスト1に輝いたのは「第9地区」!「未知との遭遇」は第5位に
一青窈が「唐山大地震」のために曲を書き下ろし!NZ地震被災者へお見舞いの言葉も
女優にとってレッドカーペットは戦場、アカデミー賞受賞式の意外な舞台裏
K-POPブームの風に乗って、韓流ブーム再燃なるか!?
米アカデミー賞のように、受賞して俳優としての格が上がる日本の映画賞は?
春映画の注目作を一挙紹介! 豪華スター共演作&オスカー有力作から目が離せない
映画にもデフレの波が到来、鑑賞料金の値下げで映画業界は何が変わるのか?
映画化が続く西原原作。でも、人気原作でもあるのに、なぜヒットしない?
2011年コレだけは押さえておきたい!注目作品特集
「アバター」を超える体感映像! J・キャメロン最新3D「サンクタム」が4月、日本上陸
映画に進出したAKB48、国民的アイドルグループの人気はいつまで続く?

■モバイルはこちら

この記事のコメント

120件を表示 / 42件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

エンタメアクセスランキング

  1. 1渡辺麻友×えなりかずき共演ドラマにファン衝撃「想像の斜め上すぎる」写真15 4月22日05時30分
  2. 2松本人志、鈴木亜美をナンパした旦那に「汚ねえやり方!」写真6 4月22日09時30分
  3. 3小林麻央、入院を報告「具合悪いほど家族と離れたくない」写真38 4月22日17時25分
  4. 4中居正広『スマステ』で香取慎吾とSMAP解散後初共演 隠し子疑惑イジる写真6 4月22日23時08分
  5. 5がんばれ!Victoryが解散発表 5・20赤坂BLITZがラストライブ写真12 4月22日18時35分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る