日刊アメーバニュース

ヒマワリが放射能汚染を20日で95%除去(露)

2011年03月22日 10時50分
提供:ゆかしメディア

 ヒマワリが、放射能汚染された土壌の浄化に効果があるとされている。

 植物には根っこから土壌の放射性物質を吸収する者もあるそうで、その中でもヒマワリが最も吸収の効率が良いのだという。30年以上かかる土壌の放射性物質の除去までに30年以上はかかると言われる場所でも、わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っている。

 1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の植物学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、という研究報告がある(日本テレビ系(特命リサーチ200Xより)。

 これはファイトレメディエーションと呼ばれ、植物が持つ自然の能力を活かした環境汚染の浄化技術で、現在も研究が進められている。

 福島第一原発は、東電の説明では今後はまだ話す段階ではない、としている。

■YUCASEE(ゆかしメディア)で人気の記事
1.中国・美人女医が問題発言、裏には医師の苦悩も
2.AKB48メンバー年収ランキング
3.消えた6700億円、大富豪サントリー佐治氏の謎
4.30代で年収3000万円を実現した人の特徴
5.フジTV放送事故の声は秋元優里アナ? 台湾報道

この記事のコメント

112件を表示 / 12件中

ログインしてコメントする

アメーバ会員登録(無料でカンタン)

Facebookのコメント

コラムアクセスランキング

  1. 1安っぽさがプンプン! 生活感漂わせ系ママになっている人の特徴8選写真34 7月20日20時00分
  2. 2白米にシチュー!? 結婚して驚いたパートナーとの「育ちの違い」6選写真38 7月21日11時15分
  3. 3全っ然よさがわかんねぇ! 男性が「下品」だと思うファッション4つ写真14 7月21日16時50分
  4. 4友情にヒビが!? 独身の女友達に結婚・妊娠を報告した結果エピソード7選写真12 7月20日19時00分
  5. 5男子がおもわず興奮しちゃう「女子のギャップ」とは? 「見た目は地味なのに……」写真9 7月20日19時01分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る